冬物コートの保管方法は?長持ちさせるコツを徹底解説!

未分類

冬物コートはどこに置くべき?

  1. コートをしまう前に必ず乾燥させよう!
  2. ハンガーに吊るす際は肩の形を整えると長持ちするぞ!
  3. クリーニングのビニール袋は絶対に外して保管しよう!
  4. 防虫剤はコートと直接接触しないように気をつけよう!
  5. コートをしまう前には必ずクリーニングに出そう!
  6. コートを保管する場所は湿気の少ない場所を選ぼう!
  7. コートをしまう前にポケットの中を確認しよう!
  8. コートをしまう前には必ずブラッシングしてから保管しよう!
  9. コートをしまう前にはシワを伸ばすために軽くアイロンをかけよう!
  10. コートをしまう前には袖口や襟元の汚れをきれいに落とそう!
  11. 1. 冬物コートの保管方法とは?

冬物コートを長く使いたいと思っている方にとって、適切な保管方法はとても重要です。コートを適切に保管することで、シワや傷を防ぎ、次のシーズンにもきれいな状態で着ることができます。

2. コートを保管する前に

コートを保管する前に、必ずクリーニングをしてから収納しましょう。汚れたまま保管すると、シミや臭いがついてしまう可能性があります。クリーニング後は、しっかりと乾燥させてから保管しましょう。

3. 適切な収納場所を選ぶ

コートを保管する場所は、湿気や直射日光が当たらない場所を選びましょう。クローゼットや押入れの中が最適です。湿気がこもる場所ではカビやシミが発生する可能性があるので、注意が必要です。

4. ハンガーを使って保管する

コートを保管する際は、ハンガーを使って吊るすことをおすすめします。ハンガーにかけることで形が崩れず、シワがつきにくくなります。また、重ねてしまうと型崩れやシワができやすくなるので、吊るすことを心がけましょう。

5. 防虫対策をする

コートを保管する際は、防虫対策をすることも大切です。防虫剤やハーブポーチなどを使って虫を寄せ付けないようにしましょう。特に羊毛や毛皮のコートは虫の被害を受けやすいので、注意が必要です。

冬物コートを長く使いたい方は、この保管方法を参考にしてみてください。適切な保管をすることで、コートの寿命を延ばし、いつもきれいな状態で着ることができます。是非試してみてくださいね!

1. 冬物コートの保管前の準備

1-1. 乾燥させる

冬物コートを保管する前に、まずはしっかりと乾燥させることが大切です。雨や雪で濡れたまま保管してしまうとカビやシミの原因になってしまいます。乾燥させるためには、コートをハンガーにかけて風通しの良い場所でしっかりと乾かしましょう。特に裏地や袖口などの隠れた部分も十分に乾かすことがポイントです。

1-2. クリーニングに出す

冬物コートを長く綺麗に保つためには、定期的なクリーニングが欠かせません。汚れやニオイが気になる場合は、クリーニング店に出してしっかりと洗ってもらいましょう。クリーニングに出すことで、汚れやニオイを取り除き、コートの生地や形もキープすることができます。また、クリーニング後はしっかりと乾燥させてから保管することも忘れずに行いましょう。

2. コートの保管方法

冬物のコートを長く使いたいなら、保管方法も大切ですよね!コートを保管する際に気をつけたいポイントをご紹介します。

2-1. ハンガーに吊るす際のポイント

コートをハンガーに吊るす際には、形が崩れないように気をつけましょう。肩の部分にハンガーをかけると、シワができにくくなります。また、重いコートは太めのハンガーを使うと形が崩れにくくなりますよ。

例えば、ウールのコートをハンガーにかける際には、肩から滑り落ちないように注意してくださいね。

2-2. ビニール袋は外す

コートを保管する際に、ビニール袋に入れてしまう方もいらっしゃいますが、実はそれはNGなんです!ビニール袋に入れたままだと通気性が悪くなり、カビや湿気の原因になってしまいます。

コートを保管する際には、ビニール袋を外して通気性の良い場所に保管しましょう。例えば、クローゼットの中に吊るしたり、衣装ケースに入れて保管するのもおすすめです。これでコートも長持ちしてくれるはずです!

3. コートの保管場所の選び方

寒い季節が終わって、冬物コートをしまう時期がやってきましたね。でも、コートを長持ちさせるためには、保管場所の選び方も大切です。ここでは、コートの保管場所の選び方についてご紹介します。

3-1. 湿気の少ない場所を選ぶ

コートを保管する場所は、湿気の少ない場所を選ぶことがポイントです。湿気の多い場所だとカビやシミが発生しやすくなってしまいます。例えば、クローゼットや押入れの中など、風通しの良い場所を選ぶと良いでしょう。また、湿気を吸収するアイテムを置くとさらに効果的です。例えば、シリカゲルや除湿剤を使うと良いでしょう。

3-2. 防虫剤の使用方法

コートを保管する際には、防虫剤を使用することもおすすめです。特に羽毛コートやウールコートは虫の被害を受けやすいので、防虫剤を使って虫を寄せ付けないようにしましょう。防虫剤は、ナフタリンやセンダンなどが一般的です。コートをしまう前に、防虫剤をしっかりとコートの周りに置いておくと効果的です。

冬物コートを長く大切に使いたい方は、保管場所の選び方にも気を配ってみてくださいね。しっかりとした保管方法を実践することで、次の冬も美しいコートを着ることができますよ。

4. コートの保管前のチェックポイント

冬物コートを長く使いたいなら、保管前のチェックポイントをしっかり確認しましょう!

4-1. ポケットの中を確認する

コートをしまう前に、ポケットの中をよく確認しましょう。忙しい朝、急いで外出する際にポケットに入れたままの小物やお財布を見つけると、驚くこともありますよね。ポケットの中には、紛失したものや洗濯しないでしまった紙幣などが隠れていることもあるので、しっかり確認してから保管しましょう。

4-2. 袖口や襟元の汚れを落とす

コートの袖口や襟元は、日常の使用で汚れやシワがつきやすい部分です。保管前には、軽くブラッシングをして汚れを落としましょう。特に襟元は皮脂や化粧品などがつきやすいので、汚れを放置しておくと落としにくくなってしまいます。汚れを落とすことで、コートの見た目も美しく保つことができます。

5. コートの保管前のケア

冬物コートを長く使いたいなら、保管前のケアがとっても大切ですよ!

5-1. ブラッシングする

コートを保管する前に、まずはブラッシングをしてみましょう。ブラシでゴミやホコリを取り除くことで、コートの生地をキレイに保つことができます。特に毛足の長いコートやウール素材のコートは、ブラッシングが効果的ですよ。

5-2. シワを伸ばすためにアイロンをかける

コートを保管する前に、シワを伸ばすためにアイロンをかけるのもおすすめです。特に襟や袖口など、シワができやすい部分はしっかりとアイロンをかけておくと、次シーズン取り出した時もキレイな状態で着ることができます。気になるシワをしっかりと伸ばして、コートを大切に保管しましょう!

5-1. 冬物コートの保管方法のポイント

冬物コートを長く使いたいなら、保管方法がポイントです!まずは、クリーニングしてから収納しましょう。汚れたまま放置すると、シミやカビの原因になってしまいます。そして、湿気や直射日光を避けることも大切です。湿気の多い場所や日当たりの強い場所はNGですよ。最適な保管場所は、風通しの良いクローゼットや押入れです。

5-2. 長持ちさせるためのコツ

冬物コートを長持ちさせるためには、定期的なメンテナンスが必要です。季節が変わる前に、袖口や裾の補修をすると良いでしょう。また、収納する際にはハンガーを使うと形が崩れにくくなります。コートにかける際は、肩からかけるようにしましょう。これにより、シワがつきにくくなります。冬が終わったら、袖や襟の部分にモスキートネットをかけておくと、虫食いを防ぐことができます。

冬物コートを大切に保管することで、次のシーズンもきれいな状態で着ることができます。ぜひ、このコツを参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました